2017年03月25日

二人の客人

「実はね東京のある区では1年で人口が倍増したのですよ」
「そんなことある訳ないだろう」
「もしあるとすれば……」
「有り得ない。倍になる余地が無い」
「もし土地だけあったとしたら……」
「食べ物も住宅も追いつかない」
「1946年の渋谷区がそうでした。私が六歳で家族と一緒に移住した年です」

渋谷区の人口は1945年6月には空襲等の影響で4万6千人までに減っていたが、終戦の翌春には10万人を超えている。1年もたたない内に人口は二倍以上に激増したのだ。当然一人当たりの食料は激減した。全ては無い無い尽し、あるのは渋谷区面積の77%を占める焼跡だけだった。そこにバラックと呼ばれる仮小屋を建て何とか命をつないでいた。

ある日家の前に大きなリュックを背負った髭面の復員兵が立っていた。その人は母を見ると「叔母さん」と言ったきり声をつまらせて泣いた。母は「フミオさん無事だったのね」と言って抱きついた。後で母の姉の長男だと言うことを知った。「姉さんまだ満州から帰って来ないんだよ」と母は言いながら泣いた。その後何を話していたかは覚えていない。

フミオさんは東京と比べれば食料が格段に豊富な台湾から復員した。リュックの中には食料がいっぱい入っている様だ。その日は乾パンと金平糖を腹いっぱい食べて寝た。夜中に目が覚めると話し声が聞こえた。母とフミオさんだ。
「姉さんが満州から帰るまでウチで待ってたら」
「狭くて寝る場所がないでしょう」
「建て増しすれば寝床くらい作れるから」と母は一生懸命引き留めている。

増築と言ってもホームレスが仮小屋を作るようなもので、寝場所を作るだけだった。同室の家族が期待しながら二人の話の成り行きに聞き耳を立てていた。少なくとも食料の入ったリュックが空になるまでは居て欲しいのだ。残念ながらフミオさんは翌朝家を出た。家族5人の食いっぷりに恐れをなしたのだろう。特に男の子三人の食欲が凄かった。感激の対面もあっけなく終わった。現実はドラマとは違う。

終戦後2,3年の間にいろいろな人が来た。母の姉一家4人は満州から引き揚げてきた。母の兄は水害で家を失い一家5人で来た。一時は20坪の土地にバラックが3軒くっついて建ち、15人も住んで居た。人口が1年で2倍になるとはこうゆうことだ。

ある日堂々とした感じの中年男が来た。母の前夫(伊吹金吾)と懇意にしていた広田さんだそうだ。横浜在住だが仕事でよく東京に来ると言っていた。
「風の噂で奥様の窮状を知り、お世話になった万分の一でもお返ししたいと思い探し回っていました」。広田さんは会えて好かったといって涙を流した。

「今はバラック暮らしだけど来年は新築するから遊びに来なさい」と母は言った。それなのに広田さんは居着いてしまった。6畳に5人の所に大の男が一人入って来たら大変だ。兄弟3人は重なるようにして布団一つで寝た。

居着いた理由はしばらくそばに居て奥様のお役に立ちたいと言うことだ。さっそく好い話を持ち込んでくれた。知り合いが営団にいるから闇米が配給米並の値段で買えると言う。

「伊吹さんには戦争中お世話になっているから恩返しのつもりです。特別に融通してもらうのだから誰にも言わないで下さいよ」と小声で言った。いくら小さな声でも六畳一間では皆に聞こえてしまう。家族一同期待に胸を膨らませた。

母は見栄っ張りだから顔が利く知人が居ることを吹聴したかったらしい。近所の奥さん連中に喋りまくった。母が近所の奥さんと話しているの聞いたことがある。
「誰にも教えてはいけないと言われているのだけど貴女には世話になっているからね。私が一緒に買って分けて上げる。もし買えなかったら預かった現金はそのまま返してくれるというから心配はないんだよ」

お金を渡したら広田さんはドロンと消えて再び姿を現すことはなかった。母は騙されたことを恥じて何も言わずに、品不足で買えなかったことを詫びながら金を返して歩いた。有り金全部持って逃げた広田さんの代わりにである。こうして我が家の建築資金は徐々に減って行った。安普請とは言え次々と家が建つ中で気持ちは焦るばかりだ。

ヒマだから世間話をするために先輩に電話をし、こんな話もした。
「今は詐欺泥棒のたぐいは報道で知るだけですね」
「のんびり暮らせるようになって好かったな」
「日本では犯罪件数が激減して戦後最低記録を更新中と、今日の新聞に書いてたよ」
「テレビでは犯罪ニュースのラッシュだぞ」
「暴力団関係者の人数も大きく落ち込んでいるそうです」
「暴力ニュースも尽きないけどね」
「警察の仕事がなくなるのでテロ防止を口実に共謀罪法案が国会に提出されたそうです」
「それは違うぞ。その記事は俺も読んだ」
「どう違うのですか」
「警察は、仕事がないなら、公権力の私物化や汚職にこそ立ち向かうべきではなかろうか」
「先輩、その言い方は何時もと違って教養がにじみ出ていますよ」
「バカ、記事をそのまま読んでいるんだ」

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:渋谷
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 小学時代