2017年07月29日

自分探しの旅

妻をお母さんと呼ぶ夫は少なくないが、私は本気になって自分を子供と思い込もうとしている。いい歳して困ったもんだが仕方がない。人として対等と思っていたころは争いが絶えなかった。試みに「親子」になってみたら全てが解消された。こんな訳で子役を演じている。

「お母さん、ちょっと自分探しの旅に行ってきます」
「探しに行かなくても、アンタはそこに居るじゃない」
「ここに居るのは私の抜け殻です」
「ああそうかい。そんならご飯は要らないんだね」

私の旅は自分の脳の中を歩き回ること。過去ぬきで現在の自分を知ることはできない。生まれてから22歳に至るまで私の実在を示す証拠は二つしない。母に抱かれた写真と戸籍謄本だけだ。職を求めて転々としていた間に全ての物品を失ったのだ。

「ヒマならパン買って来て。ボストンベイクのイギリスパンだよ」
「はい、分かりました。行って来ます」

「遅かったね
「ボストンとかイギリスとかで探すのに骨折れました」
「自分探しより簡単でしょ」
「あ、そうだ。行かなくちゃあ」
「どこ行くの?」
「自分の部屋です」

自分探しと言う言葉をよく聞くが、私は文字通り自分を捜している。いかなる人間が今の私になったのか。自分を知るには自分の歴史を知る必要がある。うろ覚えの記憶だけが頼りの心の旅。空白の22年間を書くこにより自分を取り戻したい。抜け殻はごめんだ。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:札幌
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 老人時代

2017年07月22日

親子はつらいよ

何の取り柄もないないが運だけは強い。振り返ってみれば人並みにいろいろあったけれど、運よく乗り越えられた。一方、自分の意志で企画実行し成功したことは一つしかない。それは定年後の絶え間ない喧嘩に終止符を打ち、我が家に平和をもたらした事である。計画通りにことは運び大成功と思っていたが、なぜかスッキリしない。

私は東京渋谷区青山の焼跡育ち、米軍の空襲で渋谷区の77%が焼け野原になった。食うや食わずの人々の暮らしは悲惨を極めた。共通の願いは楽をすることだった。そして今、私は楽をしている。夢は現実となったのだ。だが定年退職をして無職になり、いきなり楽になった訳ではない。家に根を張った抵抗勢力がドンと構えていたのだ。老妻もまた、更に楽が出来ると期待していた様だ。

「定年おめでとう。やっと夢が叶ったね」
「お陰様で無事に定年を迎えました。今まで有難うございました」
「これからは家事も半分ずつにしよう」
「そうですね」

とは言ったものの内心は穏やかでなかった。慣れないことをやるのは苦行だ。それに私のやり方を気に入るはずがない。なんやかやとイチャモンをつけられるに決まっている。

その後の10年は悲惨だった。何をするにも意見が合わずケンカをしては負かされていた。私が筋道を立てて説明しても「悪いのはアンタだ。私は悪くない」と一蹴される。説明しては一蹴、説明しては一蹴を繰り返す10年だった。頭の回転が鈍い私は立ち止まって考えた。そして私ばかりが苦労する争いは止めることにした。

外では控えめだが家の中では千人力。こんなモンスターがウサギ小屋の中で粛々と育っていたとは夢にも思わなかった。人間は自由で平等と信じていた私がバカだった。二人だけの世界は弱肉強食の世界だったのだ。しかし徹底的に困れば知恵が出る。何年か真剣に考えていたら好いことを思いついた。子供になれば良いのだ。子供は働かなくても飯が食える。洗濯も掃除もしてもらえる。凄く楽だ。

さっそく老妻をお母さんと呼ぶことにした。何事も形から入らなければいけない。私は良い子になる決心をした。親が考える良い子とは親に逆わない子だ。次は挨拶だな。おはようございます、頂きます、ご馳走様、おやすみなさいを励行した。やる時は徹底的にやるのが好きだ。3年くらいかかったが全てを完璧にマスターして良い子になった。

苦節10年、私は良い子になり老妻を優しいお母さんに作りかえることに成功した。小さい頃からの夢が叶いのんびりと暮らしている。子供は何もしなくていいのだから楽だ。お母さんに家事一切を任せ、毎日自室にこもり勉強をした。子供の仕事は勉強だからね。

実は勉強は嫌いなのだ。代わりにジョークのブログを書いたり、中島公園のウェブサイトの更新をしている。時間つぶしの趣味をやってるだけだが、机に向かう姿は勉強に似ている。「ご飯だよ」と声がかかると「今行きます。有難うございます」と返事をする。ここがホンモノの子供とは違うところだ。亀の甲より年の功である。

年をとっても家事をするお母さんは大変だと思う。だから感謝の気持ちが口先だけでなく、身体全体から溢れ出て来る。それをお母さんが見逃すはずがない。お母さんは益々優しくなり私の感謝は深まるばかりだ。好循環が更に好循環を生み全てが上手く行った。行きすぎて気味が悪い。こんな時はそれとなく探りを入れる。

「私は貴女の夫なのにお母さんと呼ぶのは変ですよね」
「別に変じゃあないよ」
「好かった。なんか気になっていたのです」
「気にすることないじゃない」
「いつも優しいお母さんで居てくれて有難う」
「何言っても分からないから諦めたんだよ。屁理屈聞くのも面倒だしね」
「でもお母さんと呼んでいいのでしょう」
「正ちゃんの母親だからお母さんでいいんだよ」
「正ちゃんはもう直ぐ50歳ですよ。子供という年ではないですね」
「それでいいの。幾つになっても子供は子供」
「そうですか。それを聞いて安心しました。私も子供のままでいいのですね。お母さん」
「パカ言ってんじゃないよ! アンタなんかもう直ぐ80のジジイじゃないか」

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:札幌
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(5) | 老人時代

2017年07月15日

自分史を書こうと思います

「自分史を書こうと思います」
「それは良いことだ。暇つぶしになるしボケ防止にもなる」と、先輩はうなづく。
「ブログで公開しようかな」
「誰も読まないよ。悪いけど俺もゴメンだ」

「グーグルが読んでくれるでしょ」
「マシンが自動的に索引を付けるだけだ。人が読まなくては意味ないだろう」
「歴史上の資料になります」
「腐るほどあるからアンタのは要らない」

今ある歴史は1%にも満たない勝者によって書かれている。事実かも知れないが極端に偏っていると思う。情報化以前の世界なら仕方がないが時代は変わった。現代はビックデータを解析する技術が進んでいる。更に技術が発展すれば思いもよらないなアイディアを実現できるようになるかも知れない。例えば歴史、勝ち組だけの歴史でなく敗者や普通の人々を含めた、幅広い事実を反映した歴史に変わるかも知れない。

「いったい何を言いたいのだ」
「私のブログも百年後には歴史データの一部になるかも知れません」
「なんで?」
「大量のデータを細かく分けて、組織的に論理的に調べるシステムが開発されました」
「それで自分史を含めた超ビックな歴史データを処理できると言うのか?」
「分かりません。できたらいいなと思いました」
「なんだ、また空想か」

科学的知識がないのだから空想するしか能がない。私のブログから空想を取り除いたら「起きて飯食ってウンコして寝た」の羅列になってしまう。ところで1980年頃の私は「新しい物好き」だった。物珍しさでパソコンを買ったが、ここまで情報化が進むとは夢にも思わなかった。ブログ、フェイスブック等、既に個人が世界に向けて発信できるシステムは出来上がっている。世界中にテキスト・映像、音声等の情報が、収集可能な状態で溢れている。この情報に目を付ける人は各方面から出て来ているが、今後その傾向は更に進むだろう。

約10年前に中島公園の歴史のページを更新しようとして明治時代の写真を捜したが僅か数枚しか見つからなかった。もし百年あるいは千年後の人が、振り返って現在を調べようとしたら映像、テキスト、音声等の資料が溢れている。金も権力も無い普通の人が残した資料も歴史学の発展に貢献するようになるかも知れない。

現代は各国各民族ででいろいろ違う歴史が語られている。戦争で負けたり勝ったりする度に歴史観が変わったりもする。一体世界で何通りの歴史が語れているのだろうか。こんなにバラバラで見解の異なる歴史観があっていいのだろうか。ときには戦争の原因にもなっているではないか。こんなに歴史認識が不安定では安心して暮らせない。永い時間をかけても世界共通の歴史観を構築する必要はあると思う。

「世界共通の歴史観のためにアンタの自分史も必要と言うのか」
「そうなんです。エライ人の歴史だけでなく普通の人の歴史も必要です」
「考えられないほど膨大な量だぞ」
「それでいいのです」
「なんで?」
「世界共通の歴史観を持とうとする意識が大切なのです」
「意識だけじゃあ何もできないよ」
「話し合が出来るでしょ」
「話し合っても合意できない。このことは歴史が証明しているよ」
「意志さえあれば大丈夫です」
「なんで?」
「結論が出るまで戦争は止めようとか先延ばしが出来るでしょ」

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:札幌
posted by 中波三郎 at 13:05| Comment(0) | 老人時代