2017年08月26日

ボートは怖いよ

先日、HP「中島パフェ」宛にメールが来た「ボートは予約できますか?」との問い合わせだった。時々中島公園の管理人と間違えられるのだが質問には答える。ネットで調べれば直ぐ分かると思ったが検索しても何も出てこなかった。

ボート乗り場に行って聞くと電話は無いと言う。予約のために自宅の住所氏名と電話番号を書いてくれた。親切な対応に感謝してボートに乗ってみようかなと思った。実は17歳の頃ボートを転覆させてボート屋の小母さんに大目玉を食らって以来ボートは敬遠していた。

60年も前のことだが鮮明に覚えている。転覆した現場を毎年テレビで見せられるからだ。そこは原爆ドームの前を流れる川だった。8月6日には必ずテレビに出るから忘れられない(貸しボートはかなり前に廃止)。そのたびにカンカンになって怒っていたボート乗り場の小母さんを思い出す。もちろん悪いのは私だが、いろいろ事情があった。

ボートは三人で乗っていて漕ぎ手を交代するために立ち上がって位置を入れ替わろうとした途端にバランスを失って転覆した。映画のスローモーションの様にゆっくりと水が入ってきた。小母さんは「何で転覆したボートをほったらかして泳いで遊んでるんだ」と怒っていた。それでも救助用のボート繋いだボートを漕いで助けに来てくれたのだ。感謝!

泳いで遊んでいたのではない。大切な身分証明書とお札の入った定期入れが川下に流れたので取りに行ったのだ。毎年8月6日にテレビに出るので分かると思うが原爆ドームの近くに大きな橋がある。泳いでる最中に「泳いでる泳いでる」と声が聞こえたので橋の上を見ると黒山の人だかりだ。沢山の人から声援を受けているような気がした。ガンバレ!

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:国内某所
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 求職時代