2018年10月27日

豊平館探検

心に小さな傷を受けたものの豊平館探検は大過なく終了した。先日、レクチャーと見学を繰り返す豊平館特別観覧講座を受講した。どこが特別かと言うと、普段は立ち入り禁止の屋根裏、地下室を見学出来ること。事前の説明で「館内見学の際、急勾配の階段の昇り降りもあるので注意してください」とあり緊張した。恐れながらも興味津々だった。

先生の話は分かりやすく興味深い。それでも「百聞は一見に如かず」と言うことで外に出て豊平館の外観を見せながら説明をしてくれた。円弧形の「ペディメント」、和風意匠の「懸魚」とか難しい話は横に置いて、ビックリしたのは玄関の扉である。開かずの扉として知られる扉が何故か開いた。開けようとすると一旦は拒否するようにギーっと音をたてたが、嫌々ながら開いたのだ。
181017genkan1.jpg
修復工事完了後、豊平館玄関の扉が開いたのを初めて見た。

181017genkan2.jpg
もちろん玄関から豊平館に入るのも初めてだ。来賓になった気分である。

玄関から中に入ると改めて、その場から外を眺めた。しばらくは普段見られない風景に見とれていた。振り返ると受講者一行は見学のため会食所室内に入るところだった。何故か館内説明の先生は女性に変わっていた。そして30名の受講者が半分くらいに減っている。しかも高齢の男性ばかりだ。

一体若い人たちは何処に行ったのだろうか? 女性は仲良し同士で自由に行動をすることがある。真面目に説明を聴いているのは高齢の男性ばかりだ。先生は半分になってしまった受講者のことを気にする風でもなく淡々と説明をしている。そして次の見学先である2階の大広間に行くためゾロゾロと階段を上った。

そのとき男性高齢者たちは「段差は高いぞ」「若いから大丈夫」とか冗談を言い合ったりしていた。いつの間にこんなに仲良くなったのだろうか。何か違和感を覚えた。レクチャーを受ける前とは様変わりだ。受講者の中で私だけがのけ者にされたような気がして気分が悪くなった。楽しみにしていた特別観覧講座だが我慢も限界に達した。

不本意だが講座は止めて公園の紅葉を見に行くことにした。とりあえず最初にレクチャーを受けた部屋に置いて来た帽子を取りに行った。窓のない昔の扉が閉まっている。何と言ってもここは138年前に建造された豊平館、全てが重厚だ。ノブを回して開けようとしたが開かない。反対に回すとやっと開いた。

開けてビックリ、部屋は受講者で満席、と言うか私の席だけがポッカリと空いていて帽子がチョコンと乗っていた。一瞬で全てを理解した。愚かにも誤って講座とは別の見学者グループに合流してしまったのだ。結局10分ばかり席を外すことになった。その後は説明を聴き地下室も行ったし屋根裏にも上って特別観覧講座を無事終了した。

豊平館の歴史だけではなくいろいろと勉強になった。先ず、自分は正しい、世の中は間違っていると思う癖を直さなければならない。違和感を持った時点で近くの人に「失礼ですが特別観覧講座参加の方ですか?」と聞けば済む話だった。その他l確認法はいくらでもあるのに何もしなかった。思い込みが強くなるのも認知症の症状だろうか。危ない危ない。

181017tika.jpg
解体した木材等が地下室に保管されている。138年以上前の木材か?

181017buhin.jpg
創建時の豊平館中央のてっぺんにあった開拓使建物のシンボルか?

181017yaneura.jpg
屋根裏にも興味深い品々が保管されていた。中島公園には豊平館の他にもう一つの国指定重要文化財がある。それは日本庭園内にある茶室八窓庵、築四百年と言われているが創建当時の建材を使っている部分は少ないように見える。豊平館と同じように解体された建材も何処かに保管されているのだろうか。当時の建築技術を知る上で大切と思う。

181017madokara.jpg
9月5日の台風第21号で一時通行止めになった鴨々川沿い遊歩道。
タグ:札幌
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 後期高齢(75歳以上)

2018年10月20日

若者言葉とてもすてき

子供の書いた文章を読むと、こんな考えもあったのかとハッとさせられることがある。それが楽しみで小中高生が書く北海道新聞の「ぶんぶんタイム」を好んで読んでいる。最近のビックリは高校三年生の投稿、タイトルは「若者言葉とてもすてき」だった。

高校3年といえば18歳くらい。そのころの私が全く考えられなかったことを書いている。世の中は確実に進化していると思った。それとも私が時代遅れ過ぎるのか。ともかく感心したので後段の部分を抜粋させてもらった。

「私は若者言葉を形のないアルバムのようだと思った。若者言葉の更新はとても早い。だから、はやった言葉は、その時に使った人だけが楽しみ、後から懐かしむことができる。私は10年後『ああ、こんな言葉使ったね』と友人と話せることを今から楽しみにしている」。(10月8日付け北海道新聞より)

時の流れとともに消え仲間内でしか通じない若者言葉を、「形のないアルバム」と表現していることに心惹かれた。しかも10年後も続く友情を信じて、共に懐かしむことを楽しみにしていると言う。とても素晴らしい!

遅まきながら私もやっている。共通の時代をを過ごした人たちと、形のないアルバムを懐かしむような気分で、カラオケを楽しんでいる。始めたのは13年前のことで、65歳になっていた。それ以来カラオケ初心者4人で懐メロを楽しんでいる。昔の暮らしは苦しかったので絶対に戻りたくないけれど懐かしい。昔の苦労は今の幸せ感の親かも知れない。

高3の投稿者が10年後に「ああ、こんな言葉使ったね」と友人と話して懐かしむように、高齢者4人でこんな曲もあったねと話しながら歌っている。10年と50年の違いはあるけれど過去は切り捨てるべきものではないと言う思いは一致している。私が65で気付いたことを18で予測できるとは素晴らしい。

歌も若者言葉の様にはやりすたりがある。その時はやった歌を聴いたり歌ったりした人たちだけが、後になっても楽しみを共有することができる。18歳当時の私は後になって、こんな楽しみ方があるとは夢にも思わなかった。今の若い人は私の知らないことを知っていて、私には考えられないことを考えている。 

ところで、若者言葉で「わかりみ」とは「とても分かるということ」だそうだ。これは私なりに分かるが、卍(まんじ)とは何だろう。ネット情報によると「意味がない若者言葉」と思えばいいそうだ。私が経験したことのないスマホについて考えてみた。話している人が怒ったり笑ったり表情が変わるように、スマホ上に表情を加えたようなものかな??
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 後期高齢(75歳以上)

2018年10月13日

海外旅行のトラブル

収穫の秋だが災害ばかりが目立った。ともあれ芸術の秋、私の所属する札幌シニアネットでも恒例の文化祭を盛大に開催! プログラムは多彩だが「英会話クラブ」が初参加。出し物は「ショートコントTroubles during Travels」と知り楽しみにしていた。

私は英語は好きだけれど出来ない人、観るだけの「英語ファン」である。文化祭会場は体育館だから広い、しかもほぼ満席だから後方の席しか取れなかった。よく聞こえなかったが収録されたビデオで楽しむことができた。来年は前列でナマで観ようと思う。

ショートコントで思い出したのが13年前の思いがけない出来事。ハワイ旅行の際、何らかの手違いで見知らぬ女性、Aさんと夫婦と誤解され、その方の隣に座ることになった。お互いにいい歳だが8時間だけ夫婦となる。見知らぬ人との会話は意外に楽しかった。

ホノルル出発時のことだが機内は満席、誰かを移動させなければ席は確保できない状態だ。元々夫婦を一緒に座らせるサービスの結果だから、偽夫婦とはいえ簡単には別れられない。何処かのカップルを壊さない限り席は取れないからだ。

私は怒っていた。全てはAさんの分かったふりが原因だ。出発便の受付時、Aさんは私の前に並んでいた。空港の係員が何か尋ねたとき頷いているのを見た。多分後ろに並んでいるのは夫かと聞いていたのだ。私の順番がくると係員は私のチケットを手に取ると微笑みながら書き直していた。こちらもニッコリ笑って受け取った。私も同罪かな?

20名程度の団体旅行だが、私は6人の友人と一緒に旅をしていた。Aさんも同様と思う。それぞれの仲間から切り離されたのだから、二人とも誤解による席替えと気付いていた。幸いAさんは気さくな人なので私の機嫌も直った。あれこれ話しているうちにAさんの身の上話になった。

「一人娘が中学生のとき夫に先立たれ、再就職して仕事をしながら育てたの。高校、大学、大学院に進み研究者になったのよ」
「優秀なお嬢さんですね」
「去年○○市(欧州の都市)で開催される国際会議に行ったのです」
「素晴らしいですね」
「パーティーもあるので夫婦同伴なんですよ」
「そうなんですか」
「素晴らしいバーティで感激しちゃった」
「夫婦で出るんでしょう」
「私が同行しました」
「親孝行の娘さんとは思いますが、お母様までとは……?」
「夫がいない人は家族でもいいんだって」
「……独身なんですか?」
「彼氏はいるのよ。同居して長いけど結婚はしないの。いい人だよ」

そこまで言ってくれなくていいのだが、旅先では心が解放されて気楽に話せる。二度と会うことがないと思えばなおさらだ。お互いにここでは書けないことまで話し合った。もちろん家族にも話せないこともね。何もかもさらけ出した見知らぬ人との会話は楽しかった。二度と会うことのない束の間の「夫婦ごっこ」は、日付変更線を超えても穏やかに続いた。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 自由時代(61-74歳)

2018年10月06日

趣味のカラオケ

「音痴、音痴と鬱陶しい」と言われたが私は音痴とは言っていない、書いているだけである。これはいわゆる「ご飯論法」とは違う。「朝ごはん食べたか」と聞かれ「ご飯は食べていません(パンはたべたけど)」と言う話とは違うのだ。

未知の人にも読んで欲しいと願っている。無名だから書き手がどんな人か伝えなければいけないと思う。又リピーターになって欲しいという願いも抱いている。無理かも知れないが、発信すると言うことは宝くじを買ったようなもの。可能性さえあればいいのだ。

中島公園や夫婦喧嘩とか身近な話題を書くのが好きだ。今はカラオケについて書きたい。普通はその道の達人が書くが、私は音痴だから工夫が必要だ。音痴のままカラオケを楽しむ方法とか考えている。上手く歌う方法ならネット上にも山ほどあるからね。何でもいいから誰も手を付けてないことをしたい。運が良ければば当たるかも知れない?

ところで本庶佑さんのノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった。頭の良い人は何をやっても上手い。本庶さんはゴルフもマージャンも得意だそうだ。一方私は何も出来ない人。考えてみれば素晴らしいことだ。得意なものは無いから私を縛るものもない。サーフィンでもカラオケでも好きなことを自由に選んで趣味とすればよい。下手の横好きだけどね。

話は戻るが、以上はこのブログを初めて読む人の為に書いた。タイトルと中身が違うではないかと叱られるかもしれない。それを恐れて書き手が音痴であることをそれとなく知らせたつもりだ。毎回知らせるのも面倒なので、5ヵ月前にタイトルを「オンチのカラオケ」としたブログを新規開設した。タイトルにすれば本文に書く必要がない。

しかし空しくなってここに帰ってきた。この「空白の22年間」の記憶も厳しいものがある。幼いころの記憶をたどると1945年5月に襲った史上最悪の「山の手空襲」は避けて通れない。残虐な無差別攻撃で多くの命と共に、渋谷区の77%が焼き尽くされた。本当はこのことを書くつもりだったがテーマが重すぎて心が潰れてしまい予定を変更した。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 後期高齢(75歳以上)