2017年10月21日

オパーリンの化学実験?

それほど気が合うわけでもないのに何となく付き合っている友がいた。考えててみると二人とも友達が居ないからだ。私と唐辛子屋はそういう仲だった。彼のあだ名はオパーリン、これからはそう呼ぶことにする。オパーリンは比較的裕福な家庭に育ち、一見優男風だが桁外れの変わり者である。ソヴィエト連邦の生化学者オパーリン博士の「生命の起源」を信奉し誰彼構わずその話をするのだ。

「オパーリンは偉大。オパーリンは生命を作る。オパーリンはダーウィンの再来だ」と熱っぽく話しても誰も聞かない。その代りにオパーリンと言うあだ名が付いた。「生命の起源」など普通の中学生には難しすぎる。先生でも理解できないかも知れない。

オパーリンの提案で無届の化学部ができた。メンバーは三人だけだが放課後に理科室で実験をした。彼は「最終目標は生命を作ることだが、先ず簡単な無機質から始めよう」と言って硫酸と亜鉛から水素を作る実験をした。細かいことは忘れたが、オパーリンが「化学では証明が大切だ」と言って水素らしき気体に火を付けたら爆発した。

突然パーン、パン、チャリン、ガチャンと理科室内が騒がしくなり、異変に気付いた先生が血相変えて駆け付けた。陸軍士官学校出身で痛いビンタを張ることで恐れられた先生だ。身体がブルブル震えてきたが、意外にも先生は怒らなかった。「栓が抜けてよかったな。フラスコが爆発したら今ごろ失明だ」と言いながら安全な実験方法を教えてくれた。

挨拶しない、廊下を走る、遅刻したとか細かいことでは、よく叱られたが不思議なことに大失敗ではお咎め無し。工事現場でのロケット?爆発の時もそうだった。子供の責任では負い切れない程の大失敗をすると、大人は人身事故にならなかったことに安堵する。そして叱るのを忘れるのだ。もちろん私は深く反省したがオパーリンはどうかな? 心の内が見えない人だった。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!

タグ:渋谷
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 中学時代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: