2017年10月28日

米屋の息子が探偵?

悪戯三人組の中になぜ米屋の息子(以下コメヤ)が入っていたのか未だに分からない。オパーリンと私は変わり者同士だがコメヤは普通だ。それなのにオパーリンと一緒に何かするときは、いつも彼が居る。ロケット発射実験?の時も化学実験の時も居た。

コメヤは卒業後、私立高校から私立大学へと進んだが、勉強する代わりに社交ダンスと恋愛ごっこに熱中した。私が中学を卒業して就職した後も折に触れて会っていた。こうして二十歳くらいまで何となく付き合っていた。

後で知ったことだがコメヤの父親は裏の仕事を持っていた。それは金貸しだった。母は米屋を高橋さんと呼び何かと頼りにしていた。どうやら土地を担保に金を借りていたらしい。彼が玄関先でお茶を飲んでいるのを見た記憶が幾度かある。しかしコメヤの父親とは知らなかった。浅黒いギョロ目の丸顔でハンチングを被っていた。

コメヤは住宅難の当時としては珍しく自由に使える部屋を持っていた。遊びに行っても家族の姿を見たことがない。時には寝転びながら先生や同級生の悪口を言い、意味もない雑談をすることもある。ところで母は金に困ると高橋さんに借りているようだった。母は貧乏なのに金遣いは荒い。困れば高橋さんが助けてくれるからだろう。

気になるのはコメヤが私と付き合った期間だ。母が高橋さんから金を借りて土地を取られるまでの期間とほぼ一致していた。土地を売り清算が済むと同時にコメヤとの付き合いはなくなった。コメヤは遊んでいるように見えたが父親を助けていたのかも知れない。

副業としての金貸しは、かなりシンドイ仕事だ。貸金を踏み倒される危険もある。担保を取って契約書に印鑑を押させても万全ではない。暴力団が介入する余地は残っている。コメヤは私を通じて何気ない会話の中から我が家の様子を探っていたのかもしれない。

誰もが家の仕事を手伝う時代だった。酒屋の息子が御用聞きや配達をするように、金貸しの息子が家業の手伝いとして探偵をしていたとしても不思議ではない。考え過ぎだろうか。それともこんな私だから友が去るのかな。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:渋谷
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 中学時代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: