2018年03月10日

大食い早食い

最近はテレビの「大食い」と「早食い」番組に悩まされなくなった。5年ぐらい前から自室に私専用のテレビを入れたから見なくてすむようになったのだ。大嫌いな番組から解放されてスッキリした。大食い大好きな方も、嫌いな番組はあると思う。人それぞれと言うことでご容赦ください。

妻に一つだけお願いをした。「食事の時はテレビを消して話しながら食べましょう」と。 美味しい食事を心から楽しみたいと言うのが表向きの理由だが、本当は早食い大食い番組から逃れたいのだ。その手の番組が始まると私は直ぐに逃げたが、食事中に放映されるのが一番困る。逃げ出すことが出来ないのだ。しかし妻が見ている番組を嫌いとは言えない。いろいろ世話になってるからね。

そんなことを考えていたら小学校の給食を思い出した。給食を食べながら先生が「食」について教えてくれた。あるとき先生は「ミルクにパンを浸して食べると美味しくなりますよ」と言った。翌日には「パンはよく噛んで食べよう。唾液の力で栄養が行き渡ります」と言う。話は矛盾するが、食べ方や栄養が、いかに大切かということは十分に伝わって来た。

先生が「口の中で36回噛みましょう」と言いながら口をモグモグ動かせて見せてくれた。生徒達もそれを真似して回数を数えながら食べた。先生も生徒も口に入れたものはトコトン栄養にしようという執念があった。それが今は「早食いに大食い」が映像になって流れている。幸いマイTVのお陰で見なくてすんでいる。

小学校の食育のせいか、よく噛む習慣が身に付いた。しかし「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と言うけれど本当だなと思った。今では歯医者さんから余り噛むなと言われている。噛み過ぎて歯が痛んでいると言うのだ。一人二人ではない、診察した歯医者さんの全てに言われた。そんなに噛まなくても胃袋でちゃんと消化するので心配するなとまで言われてしまった。小学校の教育が私の心の中で今でも生きている。教育は凄い。もし宝くじで3億円当たったら教育事業に使いたい。買ってないけどね。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:渋谷
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(2) | 小学時代
この記事へのコメント
「大食い早食い」番組への思い、全く同感です.
といっても感想を述べるほどしっかり観た訳ではないのですが、
こういうことが番組となり垂れ流されていることが、ある意味怖いと思っています.
また、懐かしい給食のフレーズにほろ苦い思い出も相まって拝読しました.
あの当時、私たちは先生のいうことをよく聞いていたのですね.同感しきりです.
毎週月曜日は、脱脂粉乳のまずいミルク(状のもの・・・ヒニクっぽく)に決まっていて、
これが嫌いでならなかった私は、なかなか飲めなくて時間がかかり、
鼻をつまんで呑み込みなさいと、先生からのアドバイスありました(笑)よ。
Posted by 朱庵 at 2018年03月11日 12:28
コメント有難うございます。
先週、突然「大食い・早食い番組」を見ていないことに気付きました。
自分専用のテレビを持ってからは見ていないので現状は分かりません。
脱脂粉乳は腹が減っても飲む気はしなかったけれど、栄養の為に飲みました。
肝油と脱脂粉乳は薬のつもりで欠かさず飲みました。
お蔭で生き延びたような気がします。
不味くてもとても有難い脱脂粉乳でした。
Posted by nakapa at 2018年03月11日 14:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: