2018年09月29日

もうちょい待ってくれ

「働かないアリに意義がある」と言う本がある。働き者として知られる働きアリでも二割程度は働かないと書いてある。なぜか嬉しい。ちなみにアリの成虫は役割に応じて女王アリ、働きアリ、兵隊アリとか分かれているらしい。

ならば音痴のカラオケもアリかなと考えた。つまり歌う会の中にも二割程度なら、歌えない人が居ることにも意義があるとか思えるのだ。一方私は人並みに歌える様になることを夢見ている。同時に夢は夢として横に置くのもいいかなと迷う。普通になる為の努力はモチベーションの維持が難しいのだ。多くの人が三日で諦める。三日坊主とかね。

それでも私は歌い続けている。洋カラ会でただ一人の音痴だが嫌がられたり、疎んじられたりしているような気がしない。私は空気を読む力が弱いのか、なぜか居心地が良い。「這えば立て立てば歩めの親心」で優しく励まされているような気がするのだ。老人力がついてきたのかも知れない。

1曲でも普通に歌える様になりたい(最大30曲が目標だけどね)。暇つぶしと思ったら大間違い。それならドラマを観たり、音楽を聴いたり、小説を読んでいる方が楽しい。私は一日中そうしていても厭きることはない危ない人だ。筋肉が無くなり健康を蝕んでしまう。

毎日が楽しく幸せに暮らしている。これを持続するためには工夫が必要だ。いろいろあると思うが、私の場合は書くとこと歌うこと。両方とも認知症防止になると思っている。それとラジオ体操と散歩。これだけは毎日欠かさずやるつもりだ。

なぜ英語の歌かと言えば好きだからだが他の理由もある。音痴だから普通の人の様に歌うことは凄く難しい。英語の歌は口が回っただけでも一歩踏み出せたような気がするから有難い。ところで楽しいだけでは長続きしない。しかし楽しくて健康にも良ければ話は別である。私はこの世でゆっくりしたい。帰らぬ人よ、もうちょい待ってくれ。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 後期高齢(75歳以上)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: