2018年11月24日

英語9歳の壁

英語の発音が悪いのと音痴は生まれつきと納得していた。しかしRとLを区別して聴けないことが不思議だった。rightもlightも私の脳に入るとカタカナに自動変換されてライトになってしまうのだ。それが日本人として普通なのだと知ったのは最近のこと。「英語9歳の壁」である。理解したわけではないが、皆と同じと思ったら気が楽になった。

ところで、虚弱体質で一番苦しいのは零細企業での肉体労働。比べれば自衛隊は楽だ、万一倒れても病気休暇があるから安心である。しかも1年半の勤務で身体を動かしたのは新隊員教育の3ヵ月だけだった。

専門教育は飛行管理だが、この3ヶ月が一番楽しかった。中学卒業後6年、初めて肉体労働から解放されて前途に希望をもつことが出来た。最初の1ヵ月は英語、教材はアメリカンランゲージコースと言うタイトルで全て英語、ひょっとして米空軍が作成した外国人に教えるための教材だろうか。当時としては珍しく内容の全てが録音されていた。

ブースと呼ばれる教室には最先端の語学練習機がズラリと並んでいた。発音はそこで学ぶのだが、中学で教わった発音とは大きく違っていた。おはよう、こんにちはのグッモーネン、グラフトヌーンはいいとしても、センクサラーッ、ナラローウが、"ありがとう"と"どういたしまして"なのかサッパリ分からない。何回聴いてもそう聴こえる。

教材に一番多く載っている語句だが、私の脳を通すと途端にカタカナに変換される。Thanks a lotは センクサラーッに、Not at allはナラローウと聴きとれる。その頃はRとLの発音を厳しく注意されるので口真似はしたが、聴き分けられなくて悩んでいた。日本人の教官がライトと二回言えばどっちがRか口先を見れば分かるけどね。

最近知ったことだが「英語の音をとらえる力 というのが、実際に9歳ごろから失われていくと言われている」。9歳の壁だそうだ。私が経験した57年前と比べると今は英語環境はかなり違ってきている、壁の無い人、薄い人、いろいろあると思うけど、私の壁は原子炉並みだから英語は入れない。無理して入って来てもたちまちカタカナになってしまう。

訓練中の3ヶ月だけだが朝から晩まで英語漬け、最初の1ヶ月は一般英語、後の二ヶ月は業務用英語。毎日試験はあるし英語、英語で頭はいっぱいだ。それなのにゲートの前には自衛隊反対のデモ隊が押しかけて来て「銃を捨てて働こう」とか叫んでいる。職が無いから入ったのにね。仮に銃を捨てるとしても何処にあるかも知らないのだ。

終了試験も良い成績で終了、いよいよ実施部隊に行くことになった。訓練期間は21歳までの人生で一番楽しい三ヶ月だった。行先はジョンソン基地にあるフライトサービス、そこでは沢山の英語ペラペラ隊員が働いていると聞いていた。私も行って1年もすればそうなれるだろうと希望に胸を膨らませていた。次回のタイトルは「聞いて極楽みて地獄」。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:国内某所
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 転職時代(15-23歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: