2019年01月26日

微妙な子供心

1945年の山の手空襲で渋谷は瓦礫の街になってしまった。復興、復興と叫ばれたが、人々にとって復興とは家を建てること。それが第一歩だ。皆が食費を切り詰めても家を建てようとした。戦後4年もたつと安普請ながら家らしいものが街に並ぶ、その中で我が家だけが焼けトタン作りのバラックのままだった。今風に言えば住宅街の中にポツンと一軒、ホームレス小屋がある感じだ。そこに親子6人が住んでいるのだから驚きの珍風景だ。

小学3年の私には隠して置きたいことが二つあった。バラック住まいであることと原始人のようにパンツをはいてないことである。いくら貧乏でも子供のパンツ一枚ぐらいは用意できる。自分の不幸ばかりを嘆いていて、子供のことなど眼中にないからこんなことになる。

「身体検査はパンツ一枚と決まっているだろ。何でお前だけズボン、はいているんだ!早く脱げ!」と先生は怒る。言えば分かってくれるはずだが、パンツをはいていないことは隠して置きたいのだ。それは絶対に言えないと思ったら、身体がガタガタ震え大粒の涙がぽろぽろ出てきた。子供心は微妙だ。バラック住まいとかパンツも無いとか、隠しようのないことを必死になって隠そうとしていた。本気だったが今思えば滑稽だ。

70年も前のことが忘れられない。とにかく1日も早く働いて金を稼ぎたいと思った。願いは叶って小学4年で新聞配達の仕事にありついた。一人前になったような気がして嬉しかったし誇らしかった。さてパンツの悩みは解決したが、バラックだけはどうにもならない。

戦後4年もたつと貧しいとはいえ、暮らしは落ち着いてきている。多くの人々が倹約に倹約を重ね少しずつ生活を改善していた。しかし我家だけが終戦直後のままだった。戦前の豊かな暮らしが忘れられない母は、復興の掛け声に対応する気力を失っていた。その辺りは生い立ちに書いたので重複をさける為ここでは省略する。

私の人生は物心がついた頃が最悪で、その後は現在に至るまで右肩上がりだ。こんなシアワセな事はない。ところが母は豊かな生活からどん底まで急降下、現実を受け入れ難い気持ちも分かる。私が今、とても幸せに感じているのは母のお陰である。欠けていた親心や感じたことのない母の愛が、少し遅れて草葉の陰から伝わって来たようだ。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:渋谷
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 小学時代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: