2019年09月28日

親友募集?

前回のブログで長年隠していたことを書いてしまったが、書きにくいことを書くのは本当にシンドイ。本当は公開などしないで親友だけに話したかった。長い間叶わぬ夢を追い続けている。親友を作ろうとの試みは、全て失敗して現在に至っている。みんな自分が悪いのだ。それとも探し求める親友とは、ドラマの世界だけに存在する幻か?

地下歩行空間の休憩コーナーで高齢女性が二人で楽しそうに話し合っていた。用事を済ませての帰り道、同じ席を見ると今度は深刻な顔で話していた。あれから2時間半以上はたつ。あんな長い時間を退屈もしないで話せるなんて、二人は親友に違いない。私もあんな風に二人で長く深く話したい。

年を取ったら親友が出来ないのかも知れない。青少年時代は各地を転々としていたので26歳になるまで市区町村の選挙人名簿に登録されなかった。同窓会通知が来たのは中卒後1回だけだった。転々としている内に行方不明扱いになったらしい。何処に行っても人の輪は出来上がっている。孤独を感じても輪の中に割り込むのは容易ではない。

つくづく孤独な人間だなと思う。結婚して子供が出来たのも奇跡のような感じがする。振り返ってみれば、何でもいいから結婚したいと言う一念だった。それでも孤独の状態は変わらなかった。15歳で家を出て未だに地に足が付いていないような気がする。

このままで、一生フワフワと雲の上にいるような感じで過ごすのだろうか。私は諦めきれない人、今でも奇跡的に親友が出来るかも知れないと思っている。もし、そうなったらこのブログともおさらばだ。何でも話せるのだから書かなくてもよい。

ところで、地下歩行空間で見た高齢女性は、あまり幸せそうにも見えなかった。愚痴をこぼし合って、ストレスを解消していたのかも知れない。それなら私もやっている。このブログでね。自分史のつもりだが「愚痴こぼし史」のようになりそうだ。そうならないように注意するが、先ずはブログ訪問者に感謝! おかげさまで静かに楽しく暮らしている。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 人生全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: