2019年10月26日

恐怖の金縛り2

恐怖の金縛からの続き
入隊前身体検査に引っかかって、凄く心配したが再検査で合格してホッとした。中学3年の3学期から何故か知らないが坂を歩くと心臓がドキドキして息苦しくなった。そのうち何とかなるだろうと思ったが、体調は悪いままの入隊となった。オマケに毎晩のように金縛りになる。思い余って医務室に行った。

数年も後になって金縛りで死ぬことなんか絶対にないと分かったが、この時は何の知識もなかった。生死の分かれ目と思っていたので医官に一生懸命症状を伝えた。

「寝るとジーンジーンという様な音がして、消灯して寝ているはずなのに、天井が見えるんです。そして心臓を圧迫するような感じがして、体がドンドン下に沈んで行きます。怖くなって隣の人を起こそうとするのですが、体も動かないし、声も出ないのです。懸命に目を覚まそうとするのですがダメでした」
「ああ、そう」
「時計を見れないので正確には分かりませんが、1時間以内に目を覚ましています。毎晩起こるので怖いのですが、治らないのでしょうか」
「大丈夫だよ。気のせいだ。だけど顔色が悪いな」

これでは治るかどうかサッパリ分からない。私は当時「金縛り」とう言葉さえ知らなかった。数か月前から、少しの運動で心臓がドキドキして息苦しくなること、そして毎晩起こる金縛り、この二つは後で考えると別物だが、その時は結び付けて考えていた。これは重病の予兆で死ぬのではないかと恐怖を感じていた。ところが医官は、先入観を持って接していたようだ。こいつはやる気がないと。

数年後に新聞で読んで知ったことだが、金縛りとは5人に一人が経験する、ありふれたことことらしい。私の医務室通いが頻繁なので、多くの教育担当者がいろいろアドバイスをしてくれた。しかし、誰も私の病状を知らないように感じ、恐怖は深まるばかりだった。

自分では入院が必要な生死に関わる重病と思っていた。クビになったら野垂れ死、しかないと思ったので一生懸命医官に訴えた。結局、心臓脚気と診断され入院を命ぜられた。とりあえず命は助かったとホッとしたが、これは大間違いの思い込みだった。続く
タグ:国内某所
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 転職時代(15-23歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: