2017年07月08日

ハッピー・リタイアメント

ハッピー・リタイアメントとは「定年以前に豊かな老後資金を確保して自適の引退生活に入ること」だそうだ。私は辛い仕事から解放されて幸せになることと勘違いしていた。無職だから自適だし、車は無いし酒もタバコも飲まないし、旅行、ゴルフ等金のかかる遊びは一切しない。だから暮らしには困らない。貧しいながらもハッピー・リタイアメントだ。

スポーツ、ゲームは全部ダメ、ノロマだから仕事もダメ、オマケに音痴。少しは暗い気持ちになってもよさそうなものだがなれない。自分の殻に閉じこもって世間を見ないからだと思う。知れば穏やかでは居られないだろう。何が幸せの種になるか分からないのが人生だ。私の場合は無趣味、無能力が経済的負担を軽くし幸せの種になってくれている。

井の中の蛙だから小さい話をしたいと思う。オタマジャクシを限りなく小さくした様な精子の話である。人間の感覚で言えば、精子は卵子に巡り会うまで6Kmの旅をするそうだ。誕生と同時に人生は始まると思っていたが違うようだ。実は生れる10ヶ月も前から始まっていたのだ。つまり胎内で6Kmの旅を始める精子の時から、私は私なのである。

言うまでもないことだが精子である私もノロマだった。ウジャウジャ居る精子が卵子を目がけて突進している。それらが足の引っ張り合いをして疲れ切って倒れた頃。胎内の片隅でジッとしていた私は、目の前が次第に明かるくなったことに気が付いた。ノロリノロリと進んだら卵子に到達してしまったのだ。そんな訳でノロマの私が生まれたのだと思う。

医学のことは良く分からないが精子は前向きだと思う。卵子目がけて一心不乱に全速力で胎内を泳いでいる。それに生まれる前だから赤ちゃんよりももっと純真無垢だ。限りなく清らかで、あえて言えば天使のような存在と思う。形だって頭が小さくしっぽが長くてとても恰好いい。人間に例えれば足が長いファイターズの大谷のような感じだ。

私も前向きに生きてきたつもりだ。失敗の連続だが何時もなんとかなるさと思い、何とかなって76歳まで生き延びた。これが私の唯一の自慢である。長い人生では辛いことも度々あったが、その時は逃げる。しっかりと前向きに逃げたのだ。そして生き残った。

「逃げるとは卑怯だぞ!」と先輩は厳しい。
彼は私より2歳年下だが職場では先輩だったので退職した今でも威張っている。
「だから前向きにと言ってるでしょう」
「逃げるのに前も後ろもあるか!」
「他人様に責任を押し付けて逃げるようなことは決してしません」
「それで前向き?」
「例えば東京がダメなら大阪があるさというようにですね」
「なるほど、前向きとは行き先のことか」
「まあいいでしょう。出来ないことから逃げて出来そうな方向に向かうのです」
「動くたびに収入が減るだろう」
「仕方ないですね。病気になるよりマシでしょ」

かって私が勤めていた職場は現場第一主義だった。現場を離れると収入がガタ減りになるので誰もが事務室勤務や訓練施設勤務を嫌がった。それどころか管理職になるのさえ嫌がる人が多かった。そんな職場だが現場が苦手の私は喜んで後方勤務に甘んじた。最後には管理職にまでなってしまった。仕事は苦手だが何とかして定年まで勤めたかったのだ。そしてハッピー・リタイアメント。 ああシンド死ぬまでお前と二人連れ(運)

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:札幌
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 高齢時代

2017年07月01日

管制官採用試験の思い出

1964(昭和39)年は東京はオリンピック景気で浮かれていた。私もしっかりと便乗、好景気に押されて航空管制官採用試験に受かってしまった。中卒で短大程度の試験を受けるのだから3年はかかると考えていたが、体験のつもりで受けたら合格してしまったのだ。実力など無いのだから運が好かったとしか考えられない。

先ずは時の運である。時代は東京オリンピック景気のさなかにあった。民間と比べて公務員、特に国家公務員の給料が著しく安いので人気がなかった。それでも贅沢しなければ食えるのだ。私にとってはそこが肝心。職を転々としてきたので安定こそ全てと考えていた。それで中級職の航空管制官採用試験を受けることに決めたのである。

理由は前回も書いたが20歳から27歳までの男子なら誰でも受けられること。しかも専門試験は英語だけだから頭が悪くても時間と熱意さえあれば合格出来ると考えた。インド通信東京支局にいても電話も滅多にかかって来ないし来客もほとんど居ない。しかも支局長はほとんど取材に出ているので留守番のようなものだ。自由時間はたっぷりある。それに私は公務員にならなければ生きて行けないのだから熱意も充分である。

他の専門試験なら学校に行く必要があるが、英語なら本とノートとラジオがあれば一人でも勉強できる。27歳まで受験資格があるので5回は受けられる。学校に行く金もないし肉体労働も出来ないのだから合格するまで受けるだけだ。極めて困難だがそれしか生きる道がないのだから話は簡単だ。迷いがなければ精神も安定し目標に向かって一直線に進める。仕事中も含めてすべての時間を英語の勉強に使うことに決めた。

勉強の中心はラジオ英語講座、事務所には机があるから勉強しやすい。テレタイプで送られてくるニュースの配信はのんびりと都電に乗っての配達だから車内や停留所でも単語の暗記などはできる。このようにして仕事中でも90%以上の時間を勉強に使えた。仕事が楽なこと時間に余裕があること。この二つの幸運が私に希望を与えてくれた。

退社後はトイレや食事時間を含め全てを勉強にあてた。疲れて横になったら何も分からないのに米軍のラジオ放送を聞いていた。Far East Networkという言葉が頻繁に出てくるが私にはファー・イースト・ナポリとしか聞こえない。聴いて分かった英語はドライブ・セイフリーとセイブ・ユア・マネーくらいである。アメリカ兵にはこの二つが大切なのだろう。

英語に集中したお蔭で悩みが消えた。病気で働けなくなって死ぬという妄想から解放された。気分が安定し充実した毎日を送ることが出来たのである。英語も教養試験も難しくて分からなかったのに、何故か試験に合格した。出来たのは多めに見積もっても半分くらいだった。実際は半分以下かも知れない。ともかく運がついたのだ。

最初の9ヶ月は羽田の訓練所での研修だが外国人留学生が一人居た。発展途上国の若い空軍中尉だった。彼は日本語が出来ないので休み時間には英語で雑談をするが、我々日本人研修生でまともな英会話ができ出来たのはアメリカの航空会社から転職したB君だけだった。出来ない私たちはみっともないカタコトで語り合い笑いあった。

それから約30年後のことだが、国内某所で管制に関する国際会議があった。かってのカタコト同期生がいつの間にか英語ペラペラになっていたのでびっくりした。大勢の前で堂々とスピーチをするし、懇親会では外国人管制官相手にホストとしての役目を立派に果たしていた。その機関では彼が所属長で私はヒラ、つくづく地位は人を作ると感じた。一方私は「枯れ木も山の賑わい」の木々の様に会場片隅の席に植わったままだった。

暇に任せて昔のことを思い出していた。失業していたのに運好く定職につけた。全ての社会環境が私の味方だった。餓えている時に天から飯が降って来た様なものだ。ノロマで体力がないので何処に行っても勤まらず職を転々としていたが、インド通信東京支局で働くようになってから運が向いて来た。支局では英語も少しは必要と言うことで大学生のアルバイトとして引き継ぎられて来たが兄が辞める時に私を入れたのだ。これも運。

人手不足は極まっていた。コツコツ一人勉強の私にまで知人を介してロイター通信社から声がかかったほどだ。それは大卒職種でないので大卒は採れないという理由からだった。しかし高卒の資格は必要と言う。中卒はホントにつらい。知人は私が管制官採用試験を目指して勉強していることを知っていたので高校ぐらい出ているだろうと思い込んでいたらしい。知人も私もガッカリした。

話しは戻るが管制官試験には60名が合格したのに半数くらいしか入って来なかった。しかも研修中に2名辞めたので半分しか管制官にならなかった。これらは後で分かったことで、当時の私は手放しで大喜びしていた。自覚していない才能が受験に触発されて芽吹いたとか勘違いをした。愚かな私は次の目標は上級職試験とか高望みした。

運が好過ぎて英語も身につかない内に採用されてしまった。それなのに目標達成ということで勉強する気がなくなった。根が怠け者の私は公務員なら病気になっても首にはならないだろうと安堵してしまったのだ。本当はそれからが勉強なのに困った性格である。

私は運動が苦手で碁将棋麻雀等のゲームも出来ない、しかも虚弱体質でノロマで音痴だ。それでも仕事が出来れば生きられるが、そんなことはあり得ない。それなのに安定した職に就き定年まで勤めることができた。現在は苦手な仕事からも解放されて幸せに暮らしている。私のように運のいい人はいない。

運悪く現在苦しんでいる人も多いと思う。そのような人たちにとって、私のような低学歴、低体力、低脳力の人間が幸せにノホホンと暮らして居るのを見ると目障りで腹が立つかも知れない。でも勘弁して欲しい。人生最大の苦しみに遭う日も近い。それまでのホンの一瞬のことだから。私はセミ、長い間真っ暗な土の中に居た。そして今、温かくて明るい緑の大地で大木にへばり付いて歌っている。ミーン、ミーンミン♪

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:都内某所
posted by 中波三郎 at 09:41| Comment(0) | 在職時代

2017年06月24日

運が好かった

お金にも身体にも恵まれなかったが、運には恵まれて幸せな人生を送っている。生まれた時代が好かった。もし15年早く生まれていたら大変だ。怖くて怖くて生きるのが嫌になるほど怖い戦争に行かなければならなかった。もし、空襲とテロが絶えない北アフリカ某国で生まれたとしたら生きた心地がしないだろう。地獄の苦しみを味わなけれならない。

平和のために尽くしたこともない。清く正しく生きても来なかった。失業中は職を得る事だけを考え、在職中は定年まで勤め上げることだけを考えて来た。利己主義者なのに幸せになってしまった。世の中は不公平だ。良い時代に良い場所で生まれたからだろうか。それにしても、私は何て運がいいのだろう。つまづいて倒れそうになったことも何度かある。その度に運に救われた。ささやかな努力はしたものの最強の味方は運だった。

中卒なのに不器用で虚弱体質だ。就職のためには徹底的なハンディだが乗り越えなければならない。悩んでいたら、国家公務員試験は学歴がなくても受けられることが分かった。私にとっては夢のような大発見だ。事務系の仕事は中卒では応募できないと信じ込んでいた。都庁とか多くの地方公務員は職務に応じて高卒とか大卒とか学歴を受験資格としていた。一般企業もそうだと思う。しかし国家公務員だけは違っていた。

当時のの国家公務員試験は高卒(初級職)短大卒(中級職)大卒(上級職)程度の学力で行われたが学歴は問われなかった。受験資格は年齢と日本国籍だけと記憶している。それで就職先は国家公務員と決めた。これ以外に過酷な肉体労働から逃れる道はない。中学では教わらなかった重要事項を自分自身で見つけたのだ。これも運、強運である。

公務員であっても過酷な労働もあることは分かっていた。若い時は体質ではなく治療すれば快復可能な病気に罹っていると思っていたのだ。その根拠は14歳までは普通の体力の少年だったからだ。15歳の春から坂を上るのや走るのが辛くなって来た。新聞配達をしていたので体力が急に低下するのが分かるのだ。今だったら病院に行って診てもらえばいいのだが、病名が分かったところで金がなければ、どうにもならない時代だった。

公務員に合格さえすれば全て解決すると考えていた。採用されたら誰からも認められるように一生懸命働く。全力で働く。そして倒れて入院する。そこでいろいろ検査すれば病名が分かり治療法も分かる。快復して健康な人になり楽しく働く。もちろん遊んだりもする。これが私の描いた最良のシナリオである。病気休暇制度とかの身分保障は不可欠である。

既に年齢が23歳に近づいていたので初級職はダメ。中級職なら27歳まで受けられる。つまり5回受けられるのだ。中学の勉強もろくろくしていないのに、年齢の関係で短大卒程度の試験を受けなければならなくなった。7年間にわたり職を転々としたのは、体調不良で不器用だから何をやってもダメだからだ。

どうしても公務員試験に合格しなければならい。道が一つというのも気楽なものだ。迷いが無いから悩みもない。しかし勉強はしなければならない。そんな時、試験勉強しながら給料をもらえる仕事が見つかった。楽な仕事なんてある筈ないと信じていたのに嬉しい誤算だ。なんて運がいいのだろうと今でも驚いている。世の中は広い。東京は懐が深い。

前々回に書いた「家を出る」と重複するが、万に一つの楽な仕事に恵まれた。兄の紹介で勤めることになった「インド通信(PTI)東京支局」は考えられないほど身体が楽な仕事だった。しかも一人勤務だから何をしようと自由だ。勉強する時間もたっぷり確保した。仕事はインドからテレタイプで送られてくるニュースを受け取って、インド大使館、外務省、NHK、朝日新聞、関連通信社に配るだけ。新任の支局長は日本語ができないので買い物など一緒にすることもあるが大丈夫。新橋の商人は外国人に慣れている。私の出る幕は無い。見知らぬ商人にまで救われてしまったのだ。運が好ければなにもかも上手く行く。

短大卒程度の試験となると問題は専門試験だが航空管制官試験の専門科目は英語だけなので、これに決めた。私は身体能力が低いので頭の回転が鈍く数に弱い。英語なら計算することもなく暗記するだけでいい。今よりもっと愚かだった私はそう考えた。とにかく目標は決まった。5年で5回受けらるのだから何とかなるだろうと思ったのだ。

受かろうと落ちようと一縷の希望は必要だ。なんとかなると思えば毎日が楽しく充実していると感じる。就職浪人生活も意外に楽しかった。高校受験もしたことがないので初めての受験だ。興味本位でいろいろ勉強的なことをしたことはあるが、まともな試験を受けるのは初めてだ。受験できる喜びを感じた。受験資格は28歳未満の男性、もう一つは日本の国籍だったかな? 何も分からずに張り切っていた。

人生を振り返ってみると、一に運、二にも運、三四は無くて、五も運だと思う。もうダメだと思う時には必ず運が向いて来るから不思議だ。この後にも大きな運に救われることになるのだが、それは次回に譲ることにする。
毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:都内某所
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 求職時代

2017年06月17日

朗らか先生と真面目先生

中学に入るとリセットされて新しい人間関係が生じる。楽しみにしていたが、期待に反して又もや小学校と同じ悪戯三人組になってしまった。類は類を呼ぶといわれているが、三人三様性格もバラバラの寄せ集めだ。共通点はただ一つ、中学生にしては異常に背伸びしていることである。

米屋の息子はませている、中学生の知らない大人の世界を知っている。唐辛子屋の息子は自己顕示欲が強すぎる。「生命の起源」を書いたソビエト連邦の生化学者、オパーリン博士を尊敬する一方、物事が上手く行かないとトンデモナイ悪戯をしでかす。この二人は、息子を省略して「米屋」「唐辛子屋」と呼ぶことにする。私自身は1日でも早く職について大人になりたいと背伸びしていた。

私は貧し過ぎた。不本意ながら行動は不良生徒と同じになってしまう。木工所で働いていたが、そこには遊ぶ金が欲しい中学生も沢山来ていた。米屋もその一人だ。そんなことだからアルバイト=不良というイメージを先生方に印象付けてしまうのだ。

実際、アルバイト中学生は遊ぶことばかり考えている。米屋は仕事の手を休めて年上の女工さんにモーションかけたりしているのだ。中学生、しかも1年の分際でホントに腹が立つ。こちらは働かなければ食って行けないのだ。学校の隣はパン屋だが、弁当を持って来ない不良生徒と私はパンを買って昼食にしていた。私だけは文字通りパンを得る為に働いていたが、彼らは買い食いが好きなだけだった。

話は変わるが、中学には若くて美しい女の先生が二人いた。一人は明るく朗らかな音楽の先生。 もう一人は正直で生真面目な国語の先生である。便宜上、朗らか先生、真面目先生と呼ぶことにする。これから書くのは両先生と悪戯生徒の話である。

その日は校外学習だった。電車での往復だが帰りは先生方も疲れてくる。しかし先生は決して座らない。先生にとっては厳しい校外学習である。生徒を優先的に座らせるのが中学の方針らしい。多分先生に生徒の状態を把握させる為と思う。 座席に座って辺りを見ていると朗らか先生が、こちらに向って歩いてくる。私の前で立ち止まると「ああ疲れた。座らせてね」と、言うが早いか私の膝の上に「ドッコイショ」と座ってしまった。

最初はビックリしたが、じわじわと先生の暖かさが伝わって来た。先生は私の事情を理解しているのだ。日頃の行動は不良生徒と同じだが、そうしなければならない事情を理解して、それとなく伝えに来てくれたのだ。”分ってるよ先生は味方だからね”と言われたような気がして心が和む。禁止されているアルバイトに行くのは昼食や学用品を買う為、休んだり無断早退するのはアルバイトの為だ。しかし、表面的に見れば、遊ぶ金欲しさにアルバイトしたり、遊びたいから休む不良中学生と一緒なのだ。 

ところで朗らか先生のことは横に置いて、後に真面目先生が遭遇する、不幸な事件の話をしよう。唐辛子屋が企てた授業妨害の話である。真面目先生の国語は大好きだ。朗読などは聴き惚れてしまう。その日もいつもの様に先生の授業に集中していたが、なにか後ろの方がザワザワして来た。ハクション・クションとアチコチでクシャミが聞こえる。その内に私の鼻もツンツンしだした。

振り返ると一番後ろの席に座った唐辛子屋が下敷きをバタバタさせている。父親の工場から持ち出した大量の胡椒を蒔いて下敷きで扇いでいるのだ。もう教室中で席を立ったり窓を開けたりの大騒ぎ。明らかに授業妨害だ。

騒ぎが収まると先生は唐辛子屋を前に呼びつけて叱ったが、先生の顔が青ざめている。唐辛子屋の方は先生の前に立ち、なぜかニヤニヤしている。ちょっとした実験のつもりかもしれない。彼は化学が大好きな実験マニアだが今回は違うだろう。 

先生はかっとなって手を上げた。上げたというよりも平手打ちをする構えだ。振り上げた手は唐辛子屋のホッペを叩きに行った。まさにその瞬間、唐辛子屋はボクサーの様に体をかわした。可哀想に先生の平手は空を切ってしまった。面子を失った真面目先生は、生徒たちの前であることも忘れ、両手で顔を覆い泣きだした。こうして唐辛子屋は不良生徒のレッテルを貼られることになった。当然のことだ。

東京の学校では郊外学習でよく電車を使う。また同じような状況になった。生徒が優先的に座り、先生が立っているのだ。ありゃりゃ? 唐辛子屋の膝に朗らか先生が座っているではないか。なんと言うことだ! 信じていたものが音をたてて崩れていくような気がした。唐辛子屋の悪質な悪戯は学校中に知られている。だとすれば?

「優しい先生と信じていたのにカイジュウなんですよ」
「先生が怪獣?」
「懐柔なんですよっ! うまく手なずけ従わせようと企んでいるのです
「そうか問題児に対する懐柔策か。それでお前の膝にもドッコイショ」
毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:渋谷
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 中学時代

2017年06月15日

渋谷区立鉢山中学校の思い出

渋谷区立鉢山中学校に入った頃は戦後の新教育制度に変わって数年しかたっていなかった。当時は何年生と聞かれると「新制中学1年です」と答えるのが普通だった。戦争で瓦礫の街と化した渋谷の復興は校舎を建てることから始まった。中学も新しく校歌も新しかった。1番から4番まであった校歌の中で4番が一番好きだったのでここに抜粋。

「鳴りひびく自由の鐘よ 打ちたてん久遠の平和 大いなる使命にふるう 鉢山のわが学び舎に ああ若き命はあふる」。キーワードは自由、平和、若き命、言い換えれば大戦で失った最も大切なものである。作詞は国語担当の本間丸平先生。貫禄があって凄く厳しい先生だが個人を叱ることはなかった。物凄くドスの利いた声でクラス全体を叱った。心当たりがある時はブルブル震えるほど怖かった。

三年生になったら本間先生から将来の進路について書くように求められた。私の進路は就職、それについて計画を詳細に書いて提出した。この就職試験がダメならコレを受けコレがダメならアレと言う様に3年分書いたのだ。卒業して数ヶ月後、東京から遥か離れた就職先に先生から手紙が来たのでビックリした。凄く褒めてくれたのでとても感激。ほとんど口も聞いたことない怖い先生に褒めちぎられたのだ。私はチャンとした職に就かないと飯が食えないと毎日のように考えていた。そのことをダラダラ書いただけなのに、「君を誤解していたようだ」と謝罪文付だったからたまげた。
タグ:渋谷
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 中学時代